HOME > 主要・昼間流星群情報 > みずがめ座δ流星群の基本情報・観測条件

みずがめ座δ流星群(7月)の基本情報・観測条件

ページ更新日:

みずがめ座δ流星群は夏休み7月末~8月にかけて見られる流星群。基本情報のほか、2022年以降のピーク時刻や見る際のポイントなど観測条件について、目で見る眼視観測、昼夜天候問わず観測できる電波観測のそれぞれの観点で紹介。

みずがめ座δ流星群の概要

みずがめδ流星群は,7月末から8月上旬にかけて活動が見られます.この時期のみずがめ座流星群は,とても複雑な群構造をしており,4つの群で成り立っています.みずがめδ北群(NDA),みずがめδ南群(SDA),みずがめι北群(NIA),みずがめι南群(SIA).それぞれが極大を迎えますが,主力はδ南群(SDA)とされています.ただ,これらの群を区別するのはとてもたいへんで,これらにさらにやぎ座流星群も加わるため,やりがいがある反面,相当気合いを入れた観測をしないと正確な分離は困難です.通常,この時期のみずがめ座流星群というと,δ南群(SDA)を指します.
電波観測では,7月20日頃からその活動が顕著になります.とても明確に毎年観測されます.対地速度の関係か,5月のみずがめ座η流星群ペルセウス座流星群よりも流星エコー数としては多い年もあります.

みずがめ座δ流星群に関する情報

名称(和名) みずがめ座δ流星群
学術名(コード) Southern δ-Aquariids(005 SDA)
出現期間 (IMO)7月12日~8月23日
(IPRMO)7月19日~8月10日
ピーク太陽黄経 (IMO)125°
(IPRMO)125°.0
※ピーク日時は年によって違う.「今後の観測条件」参照
ピーク時放射点 赤経 339° / 赤緯 -16°
特徴 (IMO)極大出現数(ZHR):20,光度比3.2
(IPRMO)ActivityLevel=3.0,FWHM= -2°.8/+5°.3
母天体・対地速度 96P/Machholz 1,V=41km/s

[上表について]
※和名は国立天文台に準拠
※学術名及びコードは国際天文学連合(IAU)に準拠
※それら以外は注釈がない限り国際流星機構(IMO)のデータを優先

2022年のみずがめ座δ流星群 観測条件

2022年みずがめ座δ流星群の日本におけるピーク時刻等を加味した観測条件は,電波観測としては「良好」.また,目で見る場合も「良好」です.目で見る眼視観測電波観測それぞれの観点で紹介します.

2022年眼視観測(目で見る場合)の観測条件

2022年のみずがめ座δ流星群の日本における観測条件は「良好」です.ピークと同規模が数日続きます.ピーク時刻は気にせずご覧ください.

総論
Best
2022年は新月なので暗夜で好条件.ピークと同規模の活動は数日続くので,あまり気にせず7月末に夜空を眺めてみましょう.空が暗い場所であれば天の川も見られ,木星・土星・火星と賑やかな夜空でしょう.
月齢条件
Brest
月齢29
月齢29
月齢29の月で,ほぼ新月.月明りを気にする必要は全くありません.
ピーク時刻
(JST)
Good
7月28日頃 ピークと同規模の活動が7月28日を挟んで前後数日は見られます.近年のIMOのデータでは太陽黄経127°がピークと記載されており,その場合は7月30日です.
見る方向
(方角)
流星の出現位置という意味では「どこでも構わない」ですが,街明かりが少ない方向を見てください.なお,2022年は月明りもなくて天の川も見られるし,惑星も多いので,南から東側を見ていると楽しめるでしょう.
おすすめの
時間帯(日本時)
7月28日~8月1日の薄明終了から薄明開始まで
※なお,8月上旬はペルセウス座流星群の初期活動も見られることがあるので,もし都合が悪い場合は前倒しよりも後ろ倒しすることをお勧めします.
<注意事項>
  • 夜の冷え込みは緩いものの,夜露で体が冷えます.長袖は必須です.
  • 蚊に刺される方が多数います.虫よけと共に,大型動物の情報はこまめにチェックしておきましょう.
  • 私有地への無断立ち入りはダメ.ゴミは持ち帰りましょう.当たり前を当たり前に.
  • 感動する気持ちはよくわかりますが,大声で騒ぎ続けることのないよう節度を持って.
  • 寝不足になりますので,居眠り運転をしないよう計画的に移動しましょう.
  • 治安には十分ご留意頂き,お子様には必ず大人の方が付き添ってください.
みずがめ座δ流星群ピークの夜空

2022年みずがめ座δ流星群ピークの頃の夜空
日本時間で2022年7月28日0:00(東京)の夜空.放射点近くに火星・木星・土星,そして天の川と賑やか
星図:StellaNavigator/AstroArts (アストロアーツ楽天市場店)/(Amazon)

2022年電波観測の観測条件

 2022年みずがめ座δ流星群の日本における「流星電波観測」の観測条件は「良好」です.(参考:眼視観測の場合

総 評
Good
2022年のピーク時刻は電波観測の過去の結果(太陽黄経125°.0)から,28日18時頃と放射点が沈んでいる時間帯に相当します.ただし,この流星群活動は数日同レベルの活動が続きますので,あまり気にせず観測しましょう.流星電波観測との相性もよく,豊富な流星エコーが観測できるでしょう.ロングエコー数はそこまで例年伸びません.

流星電波観測による2022年みずがめ座δ流星群出現予想数
このグラフは,流星電波観測による過去の結果から,流星エコー数が通常よりどの程度多くなりそうかを計算したものです.ピークを挟んで前後数日は同じ規模の活動が続きます.

全世界で見た時の2022年観測条件(海外での観測条件)

総 評 ピーク時刻からすると太平洋・オセアニアが好条件.ただし,みずがめ座δ流星群は同規模の活動が数日続くのであまり気にしなくてよいでしょう.赤道付近の国々では放射点高度が高い位置に昇ります.海外でご覧になる際は,治安にくれぐれもご注意ください.

極大夜の観測条件(2022~2030年)

7月 JST 極大時刻
125°
月齢 条件
(眼視)
条件
(電波)
コメント
2022 7月28日 29 Best Normal ほぼ新月で好条件
2023 7月28日 10 Normal Best 夜半過ぎ深夜1時頃に月が沈む.夜半~夜明け前が好条件
2024 7月28日 22 Normal Good 日付が変わる頃に月が昇る.夜半前が観測には好条件
2025 7月28日 3 Best Bad 三日月で月明りは問題なし.ピーク頃の放射点は地平線下
2026 7月28日 13 Bad Normal 満月前の月が一晩中ある.
2027 7月28日 24 Normal Best 日付が変わる前に月が昇る.電波観測では好条件
2028 7月28日 6 Good Normal 夜半前に月が沈む.夜半前から夜明けが好条件
2029 7月28日 16 Bad Bad ほぼ満月で条件は悪い.ピーク頃の放射点は地平線下
2030 7月28日 27 Best Good 月明りは問題なく好条件.電波でもまずまずの条件
  • 月齢は7月28日です.情報はこよみのページより.
  • ピーク時刻はFAS府中天文同好会のページより太陽黄経から換算(10分ほどの誤差があるとのこと).なお,ピーク時刻が00分~30分までは前の時刻で表示しています(例:06:28の場合は06時と表記).
  • 時刻は日本時(JST).
  • 観測条件は,眼視の場合,ピーク時刻における月齢・薄明・放射点高度から判断.電波観測条件は,ピーク時刻における放射点高度より,BestGoodNormalBadの順で表記.基本的に本プロジェクトの独断なので,他サイトとは違う表記の場合があります.

みずがめ座δ流星群(δ北,ι南北含む)の歴史

1869年~1898年にHR5.5の記録がありますが,それ以前の記録はほとんどなく,記録の主体は20世紀に入ってからです.特にι群に関しては20世紀半ば以降の記録が主体です.δ群の記録としては,1900年と1902年に顕著な活動を見せたようです.ι南群の顕著な活動の記録としては1982年の記録が残っています.
また,近年の研究から,みずがめ座δ群とι群の母天体は全く異なっているというのが定説で,δ群はしぶんぎ座流星群の母天体と同じ,96P/Machholz 1彗星の複合群であるという見解が主流です.
ここ数年では特異な活動は観測されていません.

みずがめ座δ南群以外の流星群について

冒頭記載の通り,この時期のみずがめ座流星群は4つの流星群で構成されます.みずがめ座δ南群以外の3つを紹介しておきます.いずれも,みずがめ座δ南群と比較すると小規模な活動です.2006年に国際流星機構による「新・主要流星群リスト」からはこれら3つは除外されましたが,日本流星研究会では,これら3つも流星群分類として取り扱い,報告時の群判定では使用するようにしています.

流星群名(和名) 学術名(コード) 極大 極大日 最大ZHR 赤経 赤緯 対地速度
みずがめ座δ北群 Northan δ-Aquariids (NDA) 136° 8月9日頃 ZHR=4 335° -5° 42km/s
みずがめ座ι北群 Northan ι-Aquariids (NIA) 147° 8月20日頃 ZHR=3 327° -6° 31km/s
みずがめ座ι南群 Southern ι-Aquariids (SIA) 132° 8月5日頃 ZHR=2 333°.3 -14°.7 34km/s

みずがめ座δ流星群の観測結果

過去の流星電波観測による結果を収録しています.
icon 過去のみずがめ座δ流星群電波観測結果

出典

・HandBook for Visual Observation (The International Meteor Organization) (1995)
・A new Working List of meteor showers (Rainer Arlt et al), WGN 34:3(2006)
・Meteor Shower Workbook 2014 (J.Rendtel) - International Meteor Organization (2014)
・2022 Meteor Shower Calendar (J.Rendtel) - International Meteor Organization (2021)

参考ページ

国際流星機構(IMO)
国立天文台
国際天文学連合(IAU)
流星の部屋(内山茂男氏)

TOPへ