HOME > 主要・昼間流星群情報 > 6月うしかい座流星群の基本情報・観測条件

6月うしかい座流星群の基本情報・観測条件

ページ更新日:

6月うしかい座流星群に関する情報、2022年以降の観測条件を提供しています。いつが見頃になるのか、ポイントを目で見る眼視観測、昼夜天候関係なく観測できる電波観測のそれぞれの観点で紹介。

6月うしかい座流星群の概要

 6月うしかい座流星群は,1998年に日本で多くの出現を見せて以来、2010年に若干の出現は見られるものの、98年のような活動は観測されていません.日本からは6月の梅雨時ということもあり、天候の制約もあって、なかなか見ることができません.天候を差し引いても、1998年以前の活発な出現となると1927年までさかのぼってしまいます.流星電波観測においても,出現すれば捉えられますが,集計を開始した2006年以降では,明確に目立つ活動は捉えられていません.

6月うしかい座流星群に関する情報

名称(和名) 6月うしかい座流星群
学術名(コード) June Bootids (170 JBO)
出現期間 (IMO)6月22日~7月2日
(IPRMO)不明
ピーク太陽黄経 (IMO)95°.7
(IPRMO)不明
※ピーク日時は年によって違う.「今後の観測条件」参照
ピーク時放射点 赤経 224° / 赤緯 +48°
特徴 (IMO)極大出現数(ZHR):0-100,光度比2.2
(IPRMO)ActivityLevel:不明,FWHM:不明
母天体・対地速度 7P/Pons-Winnecke,V=18km/s

[上表について]
※和名は国立天文台に準拠
※学術名及びコードは国際天文学連合(IAU)に準拠
※それら以外は注釈がない限り国際流星機構(IMO)のデータを優先

2022年の6月うしかい座流星群 観測条件

2022年6月うしかい座流星群の日本におけるピーク時刻等を加味した観測条件は,電波観測としては「良好」.また,目で見る場合としても「良好」です.目で見る眼視観測電波観測それぞれの観点で紹介します.

2022年眼視観測(目で見る場合)の観測条件

2022年の6月うしかい座流星群の日本における観測条件は「良好」です.

総論
Best
ピーク時刻は夜間で月明りナシと観測条件は文句なし.ただし,出現数は突発出現がない限りほぼ見られませんので,夏の夜空を楽しむ気持ちで見ましょう.2022年は空が暗ければ天の川が見え,南の空には火星・木星・土星が,そして薄明が始まる2:30頃には金星も見えるため,夜空としてはとても賑やかです.東京の薄明開始は2:39です.
月齢条件
Best
月齢28
月齢28
月齢28の月で,一晩中月明りの影響はありません.
ピーク時刻
(JST)
Best
6月28日
1時頃
ピーク時刻は夜間で放射点高度も問題なし.ただし,突発出現があるとこの時間とは限りません.
見る方向
(方角)
2022年は月明りもないので流星の出現位置という意味では「どこでも構わない」です.街明かりが少ない方向を優先するとともに,2022年は空が暗い場所では天の川も見られるし,惑星も多いので,南側を見ていると楽しめるでしょう.
おすすめの
時間帯(日本時)
6月27日21:00(薄明終了)~28日3:00(薄明開始)
<注意事項>
  • 夜露によって体が冷えますので,必ず長袖でご覧になってください.
  • 虫よけと共に,大型動物の注意情報はこまめにチェックしましょう.
  • 私有地への無断立ち入りはダメ.ゴミは持ち帰りましょう.当たり前を当たり前に.
  • 感動する気持ちはよくわかりますが,大声で騒ぎ続けることのないように.
  • 寝不足になりますので,居眠り運転をしないよう計画的に移動しましょう.
  • 治安には十分ご留意頂き,お子様には必ず大人の方が付き添ってください.
6月うしかい座流星群ピークの夜空

2022年6月うしかい座流星群ピークの頃の夜空
日本時間で2022年6月28日01:00(東京)の夜空.
星図:StellaNavigator/AstroArts (アストロアーツ楽天市場店)/(Amazon)

2022年電波観測の観測条件

 2022年6月うしかい座流星群の日本における「流星電波観測」の観測条件は「良好」です.(参考:眼視観測の場合

総 評
Best
ピーク予想時刻は放射点高度も高く,観測条件としては良好.ただし,出現数は未知です.突発出現がないと,おそらく活動らしきものは全く見られないでしょう.ただし,いつ出現するかはわかりませんので,継続した観測で状況をウォッチしましょう.

全世界で見た時の2022年観測条件(海外での観測条件)

総 評 ピーク時刻からするとアジアが好条件.ただし,出現数がどの程度になるかはわかりません.海外でご覧になる場合はくれぐれも治安にご注意ください.

6月うしかい座流星群の観測条件(2022~2030年)

6月 JST 極大時刻
95°.7
月齢 条件
(眼視)
条件
(電波)
コメント
2022 6月28日01時 28 Best Best 月明りなく好条件.放射点高度も高く条件は良い
2023 6月28日07時 10 Bad Bad 月は夜半に沈むが,予想極大時刻は放射点が地平線下
2024 6月27日14時 21 Bad Good ピーク予想は昼間.眼視は夜半から月明り.電波は好条件
2025 6月27日20時 2 Normal Best 月明りなく,放射点も南中頃だがピーク時間はまだ薄明中
2026 6月28日02時 13 Bad Good ほぼ満月.ピーク時刻の放射点高度が低くなる頃
2027 6月28日08時 23 Bad Bad 夜半から月明り.ピークは放射点が地平線下
2028 6月27日14時 5 Normal Good 月は夜半前に沈むがピークは日中.電波では好条件
2029 6月27日21時 16 Bad Best ピークは夜間も満月.電波では好条件
2030 6月28日03時 27 Normal Normal 月は気にならないがピークは薄明時間で放射ん点高度は低い
  • 月齢は6月28日です.情報はこよみのページより.
  • ピーク時刻はFAS府中天文同好会のページより太陽黄経から換算(10分ほどの誤差があるとのこと).なお,ピーク時刻が00分~30分までは前の時刻で表示しています(例:06:28の場合は06時と表記).
  • 時刻は日本時(JST).
  • 観測条件は,眼視の場合,ピーク時刻における月齢・薄明・放射点高度から判断.電波観測条件は,ピーク時刻における放射点高度より,BestGoodNormalBadの順で表記.基本的に本プロジェクトの独断なので,他サイトとは違う表記の場合があります.

6月うしかい座流星群の歴史

冒頭の通り、1998年にZHR50~100の予想外の突発出現があり,当時の流星関係者を驚かせました.そもそも通常この時期に流星観測をしている人は少なく,今のようにSNSもありませんから,流星観測者も必ずしも見られたわけではありませんでした.この1998年の前に観測されたのは1927に記録が残っており,1928年から1997年には特記すべき記録はありません.1927年の前には,1916年,1921年に記録が残っているようです.
21世紀に入ってからは,2004年にZHR30~50の出現が見られましたが,それ以外には目立った記録はありません.

6月うしかい座流星群の過去の観測結果

過去の流星電波観測による結果を中心に収録しています.
icon 過去の6月うしかい座流星群観測結果

出典

・HandBook for Visual Observation (The International Meteor Organization) (1995)
・A new Working List of meteor showers (Rainer Arlt et al), WGN 34:3(2006)
・Meteor Shower Workbook 2014 (J.Rendtel) - International Meteor Organization (2014)
・2022 Meteor Shower Calendar (J.Rendtel) - International Meteor Organization (2021)

参考ページ

国際流星機構(IMO)
国立天文台
国際天文学連合(IAU)
流星の部屋(内山茂男氏)

TOPへ