HOME > 流星電波観測とは? > 観測データの集計と公開

観測データの集計と公開

観測した流星の電波観測結果はどのようにして集計するのでしょうか.流星数をカウントして,実際にどのくらい流星数が見られたのか,捕らえていきましょう.なお,この作業は怠ると,データは自動観測のため,たまる一方です。計画的に実施されることをお勧めします.また,最近では自動カウントも発達してきているので,実用に耐えうるようになってきたら本ページでもご紹介します.

HROFFTで観測したデータの集計方法

日本の大川氏によって開発されたWindows用のソフトです。従来はFFTDSP4を使っていましたが,DOSでしか動かないので,Windowsでも動くものをということで作り出されました。基本的には10分1画像を取得します。1画像のファイル容量は,電波状況にもよりますが,20KB~40KBです。まず,HROFFTで取得したデータを以下に示します。

HROFFT

これが,観測で得られる観測データです。これでファイル容量は31KBあります。
(注意:上の画面は容量削減のため16色表示で容量を押さえています。)

画面のそれぞれの意味は以下のようになります。

HROFFT-sample1

さて,この画面で流星はというと,縦にはいっているいくつか線です。これが流星出現によって反射された電波(エコー)です。左側の右下がりの線は,飛行機です。ドップラー効果(救急車が近づいてきて遠ざかっていくときに音が変わる現象)によって周波数(音の高さ)が変化します。飛行機は遠くから近づいてきて遠ざかっていくので横に線がはいります。整理すると以下のようになります。

HROFFT-sample2

このようにして,1時間ごとに数を集計し,記録していきます。すると,毎月の流星電波観測結果のようになります。また,時にはたいへん大きなエコーが受信されるときがあります。以下の図はしし座流星群の時の画像です。

longecho

1ドットが1秒ですので,継続時間を計ると,たいへん長い時間,反射し続けたことになります。これは流星痕による反射と推測されます。それだけ大きな流星が流れたのではないかということも同時に推測できます。これらをロングエコーと呼んでいます。みさと天文台のデータは20秒以上継続したものをロングエコーとしています。これは電波の状況などによって異なりますので,ロングエコーを何秒以上と設定したのかを,報告の際はしっかりと書いてください。

この他,太陽面活動が活発なときに起こるスポラディックE層や,ノイズによって観測不能になることもよくあります。

Es
スポラディックE層(記号:Es)
IF
混信などによるノイズ(記号:IF)

これらを考慮して集計すれば,HROFFTによる流星の電波観測カウントはうまくいくと思います。

【カウントの際のポイント-1-(ご自身の中でのカウント基準を持つ)】

大切なことは,HROFFTが表示している「meteor」の値を過信するのではなく,自分の中で流星エコーかどうかの判断基準をしっかりともっていることです。これこそが,データに信頼性を持たせることです。流星エコー数の1個や2個の数え間違えはそこまで大した問題ではありません (誤差範囲がカウントした流星の平方根で効くので)。自分の中で流星エコーかどうかの判断基準をきめ,自信を持ってカウントして下さい。
本プロジェクトでも集計時は相対値で評価していますので,ご自身の判断基準がぶれないことの方が大事です。

【カウントの際のポイント-2-(解析支援ソフトを有効に使う)】

解析支援ソフトが,山本道成氏よりフリーソフトとして配布されています。このソフトは,「HROview」というソフトです。カウントは自分で行わなければなりませんがファイル生成は自動的にされ,カンマ区切りのcsv形式で出力されます。
さらに,このHRoviewをHROreportという別の集計ソフトで読み込み処理すると,このwebでも報告されているようなテキストファイルを出力し,そのデータを即報告することができます。このような便利なソフトを有効に活用するのも,解析を能率良く勧める手段のひとつでしょう。

icon 山本道成氏のWebより:HROView
icon 山本道成氏のWebより:HROReport

集計が終わったら,そのデータを報告しよう!

カウントが終わったデータは是非報告をしましょう.報告をしなければ「宝の持ち腐れ」です.本プロジェクトでは毎月データを集めていますので,観測をしてカウントされた場合はご報告いただきますようお願いいたします。

icon 「報告しよう!」へ

Excelで簡単にグラフ化してしまう

カウントした数字だけ眺めていても,全体傾向を感覚的につかえないこともあります.MicrosoftのExcelで簡単にグラフにすることもできますので,ぜひグラフ化してみてください.

icon観測データ集計方法の例 (グラフを作ろう!)」へ

データの公開

観測したデータを「Live!」として世界に発信することも可能です。現在も日本を含め世界各国のデータがほぼリアルタイムで更新されています。

HROFFTの観測データを10分ごとに更新

日本を中心に数地点のデータが更新されています。

icon 流星電波観測ライブ
icon 流星電波観測ライブの実施方法

世界の電波観測結果が集まるサイトへ更新(1時間単位)

世界的にはRadio Meteor Observatory's On Lineに集約されています。こちらのサイトでは,1時間に1回の更新が一般的ですが,観測者によっては1日1回や不定期もあります。
本件の設定方法については,杉本弘文氏のページに詳細に記載されているため,そちらをご参照ください。

icon Live meteor observatoryへのアップ方法